MT4で稼働できるEAの逆コンパイルについて

MT4で稼働できるEAを逆コンパイル(デコンパイルとも呼ばれる)することは、基本的に現在はできなくなっていますが、ネット上では怪しいEA逆コンパイル業者を見かけたりしますので、逆コンパイルとは何かを理解してトラブルに遭わないようにすることが大切です。

逆コンパイルとは、「実行ファイルからソースコードファイルを復元する」ことで、MT4で稼働できるEAのように高値で取引されるソフトには逆コンパイル対策がおこなわれています。MT4用に作成されたコンパイル済みの実行ファイルはEX4ファイルという形式で、ソースコードファイルであるMQ4ファイルからコンパイルされたものであり、コンピューターがMetaTraderプラットフォームで実行できる実行可能コードが含まれています。EX4ファイルはMT4だけが読み取れる形であり人間には直接読むことができないと考えると分かりやすいでしょう。

逆コンパイルは、コンパイルされてEX4になったファイルをMQ4に逆戻りさせることであり、人間が中身を読み取り編集したりできるようになります。例えば、口座縛りの制限を解除するなどの行為が考えられ、対策がおこなわれています。