ソース公開されているMT4のEAは使える?

ソース公開されているMT4のEAは使える?

MT4(メタトレーダー4)で稼働できるFX自動売買のソフト「EA(エキスパート・アドバイザー)」はソースコードが公開されているものと公開されていないものがあります。ネット検索するとMT4のEAのサンプルのソースコードは多く見つかりますが、個人サイトや掲示板などにアップされているものは実際のトレードで使用できるレベルでないものが多いのが実情です。記載間違いや漏れがあったとしても自己責任となります。MT4のEAのサンプルのソースコードは、そのまま運用に使うというよりかは、EA自作の参考とする程度にするのが現実的です。MT4のEA自作のプログラミング入門書にも多くのサンプルソースコードが記載されており、それをもとに必要な部分を書き換えてEA自作を進めていくのが一般的です。

MT4のEAやインジケーターはMQL4というプログラミング言語で書かれています。MT4で使用される移動平均線やボリンジャーバンドなどは全てMQL4で作成されています。ソースコードを作成するには、「メタエディター」というツールを使用します。「メタエディター」はMT4の左上のツールバーからクリックして開けます。左上のツールバーから「新規作成」をクリックして「MQLウィザード」というウィンドウを立ち上げ、「エキスパートアドバイザ」を選択してmql4ファイルを作成していきましょう。作成し終わったmql4ファイルをex4ファイルに変換する作業は「コンパイル」と呼びます。mql4ファイルは人間が読むためのファイル、ex4ファイルはMT4が読むためのファイルといった感じです。

初心者の方は、プログラミングと聞くと難しく聞こえるかもしれませんが、ゼロから作るわけではなく、ソースコードを参考に部分的にカスタマイズして自分好みのEAを作成していけば、自然と知識も身に付き、自作できるようになっていきます。